アンチエイジングの食事

アンチエイジングの方法を徹底解説!アンチエイジングのための生活、食事、化粧品、サプリメント、エステなど盛りだくさんの情報サイト。

今では、食物繊維は健康食の代名詞とも言えるほど重要視されています。昔から日本人は肉をあまり食べず、野菜や豆などが中心の食生活を送ってきました。

しかし、最近では大腸がんで死亡する人も増えています。これは、欧米型の食生活になり、食物繊維をとる量が減ったことも関係があると言われているほどです。食物繊維は、たんぱく質と一緒に食事でも最初に摂ると良いでしょう。食物繊維はブドウ糖の吸収を遅らせてくれるので、食後の急な血糖の上昇を防いでくれます。

こんな研究結果があります。食物繊維を一日に摂る量をもとに調べた結果、食物繊維が半分しか摂れていない人は、心臓発作に悩む率が、倍摂れている人よりも3倍もいたということです。

食物繊維の一番の効果は、便秘解消効果です。便の量が増えることで、発がん性物質などの有害物質を、腸内から排出するのを促進する効果もあります。また、食物繊維は腸内のビフィズス菌の働きを助けるので、腸内環境をよくする働きもあるため、肌も美しくなるのです。

食物繊維を沢山とりいれ、昔からの和食文化を大切にしていれば、おのずとキレイになれるというものです。

アンチエイジングの食事と言えば、何だか菜食主義の病院食のようなものを想像するする人もいるでしょう。しかし、老化防止の為には肉も魚も野菜も何でも、その人個人の好みで食べることが一番だとも言われます。

人間にとって一番なのは、体が健康になれば、自然と必要な食べ物を自分の体が要求してきます。ところが、日常生活の中で、多くのストレスを感じてくると、この自然のサイクルが狂ってくるのです。要は、何を食べたいか?食事への欲求がゆがんでくると言うことです。

アンチエイジングで大事なのは、何を食べるのかということよりも、どのような組み合わせで食べるのか?ということです。私達が食べている食品は大きく3つに分けられます。一つは、野菜と果物。次に穀物。最後に、肉と魚です。穀物や肉・魚は消化するために大きな負担がかかりやすい食品です。

野菜・果物と穀物、野菜・果物と肉魚という組み合わせが、消化という点からいうと望ましいでしょう。でも、穀物と肉・魚という組み合わせは、消火器に大きな負担をかけることになります。

例えば肉料理を食べたい場合には、サラダとの組み合わせが欠かせません。食べあわせと言う点から見ると、丼ものやファストフードのハンバーガーなどは、消化吸収という点で望ましいものではないのです。

最近では、アンチエイジングを意識してか、朝ウォーキングなどをする人が多くなってきました。そうすると、お腹も空いてしっかりと朝ごはんを食べる結果になりますよね。

しかし、ここで注意してほしい人がいます。夜遅くまで忙しく働いている人です。朝ごはんを食べようにも食欲がない、前の晩に食べたものがまだ消化されていないまま残っている、と言う人も多いでしょう。そんな時に、無理やり朝ごはんを食べても体の負担になるばかりなのです。

人間の消火器には「消化」「吸収」「排泄」です。正午から午後8時位までが消化の時間。午後8時から翌朝4時頃までが吸収の時間。そして午前4時から正午までが排泄になります。この排泄の時間に食事を取りすぎてしまうと、もともと排泄に使われるはずだったエネルギーが消化に回ってしまい、排泄力が弱くなってしまいます。

アンチエイジングの為にも、朝ごはんは小食にして、午前中は果物だけで過ごすと言うこともすすめられています。そうすると、消化液がよく分泌され、何も食べない状態よりも、気持ちよくランチ時にお腹が空いているのを、実感できることでしょう。

若返りには、食品の食べ方と食べあわせが大事なのですね。単なるダイエットでは大切さがわかりませんね。

納豆のあの匂いが苦手な人も多いですよね。特に関西圏では、納豆嫌いの人が見られます。しかし、納豆は日本人の食生活に欠かすことのできない万能食品です。とても質の良いタンパク質やカルシウムを含んでいます。

また、納豆に含まれる大豆イソフラボンは、抗酸化成分としても働き、活性酸素を取り除くために、アンチエイジング効果もあると言わています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きをすると言われています。その為、更年期障害や骨の老化を防ぎます。

納豆と言えば、ナットウキナーゼという酵素。血栓予防効果がある為、何とアメリカではサプリメントとして販売されているほどです。また、納豆を食べているせいか、日本女性は欧米女性よりも、更年期障害が軽いとも言われています。これは、納豆や豆腐や味噌など、大豆を普段から食していることが効果的だということです。

他にも納豆菌は、大腸菌の増殖を抑制する働きもあり、感染症からのリスク回避もできると言えます。健康面でも、納豆菌は血圧を上げる酵素の働きを抑制する作用があるとも言われます。

女性にとって、様々な部分で効果的な納豆を上手にとって、アンチエイジングを目指しましょう。

オリーブオイルは、女性に人気のイタリアンの影響で、自宅でも口にする人が多くなってきました。イタリアンの定番である生ハム。ワインのお供には欠かせないものですが、その生ハムにオリーブオイルをたっぷりかけ、その上から黒コショウを振りかけただけでも、ワインがどんどん進んでしまう程たまらないものです。

油も、植物性であれば何でも健康的だと思っている人はいませんか?でも実は、リノール酸のとり過ぎは、炎症のもとになるアラキドン酸を増やすことになって、健康には良くないのです。そこでオリーブオイルの登場です。ビタミンEなどを含み、活性酸素の除去にも効果が大きいのです。ということは、老化防止につながるという事です。

オリーブオイルを常にとる様にしていると、コレステロールの中でも良い働きをすると言われるHDLが増えるのです。また、胃の中では胃酸分泌が多くなり過ぎないように働きます。他にもオリーブオイルは、乳がんの発症を抑制するとも言われています。確かにオリーブオイルをいつも食している地中化地方沿岸には、心臓病疾患が少ないのだそうです。

オリーブオイルは、体の中から美しくしてくれる健康長寿食と言っても過言ではないでしょう。特にオリーブオイルの種類は、エクストラバージンオイルを選ぶと良いでしょう。少々値は張りますが、常温圧搾で最初に絞られていて、香りも高く酸化も少ないからです。

今や和食と言えば、世界でも有名な健康食いう位置づけがされてきましたね。ハリウッド女優達が、日本食をお気に入りだと言うような記事も多く目にします。あれだけ美しい人たちが、好んで食べていると聞けば、おのずと和食の力も証明されることになるでしょう。

何よりも和食は、豊富な魚介類を多く取り入れていることが、欧米の肉食文化との大きな違いです。魚介類にはたんぱく質やミネラルが豊富です。そして、海藻にもたくさんのミネラルが含まれています。実は日本人は、海藻類をかなり多く取り入れる世界でも希な民俗なのです。

他にも和食には野菜や豆類などがとても豊富です。旬の野菜を様々に調理したお惣菜。漬物文化の中で発酵食品を多く取り入れることもできているのです。また、乾物は、ビタミンDや繊維質をとることができます。

豆に至っても、和食では欠かすことの出来ない栄養食材ですが、乳酸菌が豊富な味噌なども、気づかぬうちに健康を与えてくれていたのですね。最近では、女性に五穀米が人気です。雑穀類にももちろん栄養が豊富で、五穀米はビタミンやミネラルをとるのには最高の食材です。

日本美人のつやのある髪や、透き通るような白い肌は、魚や豆からたんぱく質をとり、ビタミン・ミネラル・食物繊維をとってきた和食文化にあるのですね。

便秘に悩む女性の人は本当に多いものです。便秘解消の為に、薬を飲んだり便秘改善の方法として、ヨガや体操を色々試したりと試行錯誤の毎日でしょう。便秘は食物繊維の不足や、水分不足・ストレス・運動不足などが原因で起こります。また、小食であったり、食事を抜いたり、便意を我慢したりすることでも便秘につながることがあります。

ただし便秘は、毎日出ないことを言うわけではありません。毎日お通じがなくても、不快感がなければ便秘ではないのです。反対に、毎日お通じがあっても残便感などがある場合は、便秘とみなされることもあるのです。

そして、この便秘を解消する為に生野菜のサラダを好んで食べている女性をよく見かけます。この野菜サラダ、便秘解消とも言われる食物繊維が沢山入っていそうに思われていますが、火を通した野菜に比べると食べられる量が限られる為、食物繊維自体が、思った程摂れていないのです。

便秘解消の為には、かぼちゃやごぼう・たけのこ・ブロッコリーなどの野菜を多くとるようにしましょう。これらの野菜には、食物繊維が多く含まれているのです。また、海藻やきのこ類にもたくさん含まれているので、スープなどにしたり、旬の野菜と炒めたりして、たっぷり味わうと良いでしょう。

残業続きで、もう一歩も歩けないほど疲れている時。また給料日前で、色々買い物なんかするほど余裕がない。そんな時に何とも強い見方なのが、レトルトや冷凍食品たちではないでしょうか?便利だし、簡単だし。これらを発明した人は本当に、感謝されるべきでしょう。

しかし、これらの加工食品に偏ったばかりの食生活を続けていると、恐ろしいことが起こるのです。食品添加物の過剰摂取に陥る危険があるのです。では食品添加物を過剰に摂ると、どうしてよくないのか?実は、食品添加物が体内に入ると、大量の活性酸素を発生させてしますのです。活性酸素は、お肌の老化には大敵といっていいほど大敵なのです。

活性酸素は、肌の脂質と結合すると肌の細胞を酸化させてしまうのです。その結果お肌は弾力を失ってしまい、しみやしわの発生につながって行くというわけです。

そこでお肌を守る為に是非とも摂り入れてほしいのが、イチゴやブロッコリーなどのビタミンC。また、うなぎやアーモンドなどに含まれるビタミンE。他にもにんじんや春菊に含まれるカロチンなども有効です。カテキンにも活性化酸素を撃退する効果があります。お茶やウーロン茶なども積極的に摂り入れて、ぴちぴちお肌を目指しましょう。

一人暮らしの女性は特に、簡単便利なレトルト・冷凍食品の使いすぎに要注意ですよ!

アンチエイジング関連ニュース