美容整形&プチ整形

アンチエイジングの方法を徹底解説!アンチエイジングのための生活、食事、化粧品、サプリメント、エステなど盛りだくさんの情報サイト。

プチ整形で、簡単にまぶたを二重にしたり、鼻を高くしたりということが、今やちょっとしたブームにさえなっていますよね。プチ整形は、外科手術と大きく違い、メスを使わないという新しいスタイルの美容整形なのです。最近では、プチ整形いう言葉をマスコミでよく耳にするようにもなりました。

プチ整形の人気の裏側には、昔に比べて整形手術に対する先入観が少なくなったことがあるようです。また、従来の整形手術よりも安価で、すぐに結果がでるという点も人気の理由です。プチ整形では、医療技術の進歩により、腫れや内出血が少なくなっています。また、入院することが殆ど無く、日常生活を普通に過ごしながら施術を受けることができるのです。外科手術に比べると、危険性のリスクも少ないところも魅力です。

プチ整形でも人気の二重まぶた手術は、瞳は切らずに大きな二重にするプチ整形です。仕上がりはとても自然で、手術に抵抗のある人にはおススメです。一重や奥二重が、コンプレックスになっている人が、気軽に二重まぶたのプチ整形を行っているようです。

またもう少し鼻を高くしたい人にも、プチ整形はおススメです。ヒアルロン酸・コラーゲン注入・アクアミド注入による隆鼻術で、メスを全く使用せずに鼻筋を整えるのです。きちんと計算した箇所に、適切な量のヒアルロン酸を注入することで、鼻筋を自然な感じに高くすることができます。

しかし、プチ整形を行う際には十分なカウンセリングを行い、あなたに合った理想的な方法を、必ず医師と相談することが大切です。

ヒアルロン酸注射は、しわやくぼみなどの即効性のある治療から、簡易な隆鼻・顎や頬の形成をも可能にする療法です。こうしたプチ整形で、ヒアルロン酸は名前が知れていますが、最近ではヒアルロン酸をバストに注入する施術も登場しています。豊胸を夢見ても、手術までは・・・と抵抗のあった女性には、最適かもしれません。

あと少しだけ大きくしたいというような、そんな悩める女性の心をヒアルロン酸注射は救ってくれるのです。ヒアルロン酸は、もともと人の皮膚や細胞に存在するムコ多糖類の一種で、違和感やアレルギーの心配がありません。

ヒアルロン酸は極めて安全で有効な生化学物質です。人はもちろんのこと、多くの生物の体を構成している成分でもあります。ただ、吸収がとても早く、注射治療には効果が長続きしませんでした。しかし、最近になり、注射をしても吸収を遅らせる技術や能率的な生産が可能になりなったのです。価格も昔と比べるとかなり安くなり、ヒアルロン酸はとても気軽に使えるものとなった訳です。

また、中にはスーパーヒアルロン酸等という危険な物もあります。アクアミッドやダーマライブ、アメージングジェルなどです。プチ整形の代表のようなヒアルロン酸ですが、安易に考えすぎず、治療前にはしっかりとした事前相談も行いましょう。

ボトックス注射は、最近では一般的なしわ治療として美容クリニックで行われている療法です。食中毒の原因菌で知られる、ボツリヌス菌毒素から抽出した成分を、しわが気になる部分に注射するというしわ治療なのです。

ボトックス注射で注入されるボツリヌス菌毒素には、筋肉の動きを抑制する効果があります。これによって、しわの改善が見込めます。表情筋の動き・緊張を抑制することで、目じりの笑いじわ・眉間のしわ・額の横じわ等が目立たなくなるのです。つまり、ボトックスは全てのしわに有効なわけではなくその効果は、顔の「表情筋の影響」によってできる表情じわに限られます。

ボトックス注射の施術時間は、箇所や本数によって異なりますが、大体10分~1時間程度です。また希望により痛みが苦手な人には、全身麻酔が施されることがあります。ボトックスの効果は、個人差がありますがおよそ2~6ヶ月程度持続するようです。一般的にボトックス注射をしてから、数時間から2週間程で効果があらわれてきます。

これまでのしわ治療は、メスで耳の後ろの皮膚を切除し、顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるという外科手術がメインでした。しかし、ボトックスの出現によりメスを使わずに注射で済む「プチ整形」が可能になりました。また、ボトックスの効果は数ヶ月で消える為、もし術後の結果が気に入らなくても数ヶ月我慢すれば元に戻るというメリットも人気の理由でしょう。

フェイスリフトとは、加齢によるしわやたるみを目立たなくするためのアンチエイジングの美容整形のひとつです。フェイスリフトには一般的に5歳から10歳ほどの若返りの効果があると言われています。

フェイスリフトは、頬や首や額のたるみに対して行うもので、生え際や頭髪内・耳の輪郭に沿って切開を加えます。皮下の筋膜組織を引き上げて、余った皮膚を切除し丁寧に縫合するのです。また、フェイスリフトは、頬やあごにより多く脂肪がついている人には、脂肪吸引を併用することもあります。これによって、シャープなフェイスラインをつくることができます。

また、切らないフェイスリフトもあります。アプトス、ワプトスといったフェザーリフトという糸をしわの気になる箇所に注入することでフェイスリフト効果をもたらします。

コラーゲン注射もフェイスリフトとともに、女性の鏡である顔を若返らせる効果のある療法です。コラーゲン注射は、細かいしわや浅いしわに対して使用します。これはヒアルロン酸では治療が難しいしわに、とても有効なことです。

また、コラーゲン注射はヒアルロン酸と同じように、しわ取りや肌の弾力の効果が長く続き、肌にとてもなじんで安全性の高い注射なのです。そしてコラーゲン注射がこれまでの動物性コラーゲンと違うのは、今まで必要だったアレルギーテストも必要ないということです。施術後もほとんど腫れはなく、これまでの日常生活にすぐに戻れるという手軽さが、人気を得ているようです。

女性にとって、すっきりとした小顔は本当に憧れの的です。今では、様々な方法がありますので、予算や内容によって自分なりの小顔を手に入れてください。

ケミカルピーリングと言えば、美肌を望む女性たちにとって、とても気になる言葉ですね。ケミカルピーリングは、フルーツ酸などの液体を使って行われます。角質や表皮・真皮までをも化学的に溶かすことで、新しい皮膚の再生を助けることができます。ケミカルピーリングはこのように、より美しい皮膚を取り戻そうとする方法です。治療目的によって、使用する薬剤やピールする深さなどが変わります。

ケミカルピーリングには、色々な種類の薬剤が使われます。今、日本のエステや美容外科、皮膚科などで広く行われているピーリングは、ほとんどフルーツ酸を使ったピーリングです。古い角質層を取り除くことでお肌の代謝を高め、新しい皮膚の再生を促す施術です。しみ の解消はもちろん、くすみやにきびなどにも効果があります。

お肌を美肌に近づけるケミカルピーリングは、角質層を薄くし、肌をスムーズに柔らかくし、皮膚に張りを与えます。また、 真皮層のメラニンを散乱させ、色素沈着を改善するのです。他にもケミカルピーリングは顔の血色を良くしたりもします。

しかし、ケミカルピーリングは、これらを術後のケアなどの対処が必要なのです。しっかりとした知識を持った医師のもと、事前相談を行った上で、受けるようにしましょう。

サーマクールは、RF(radio frequency)による熱発生を利用した、オペ不要のリフトアップ装置です。その効果は、美容業界では既に大きな成果をあげています。サーマクールの周波数領域は6MHzであり、これまでのレーザー治療器と比較すると、かなり長い波長を誇ります。そのため、皮膚深層部への到達が簡単にできるわけです。

また、サーマクールは皮膚の表面を全く傷つけることなく真皮深部から皮下組織にかけて、一気に作用します。新たなコラーゲンを常につくりながら、コラーゲンの収縮と皮膚の引き締めを行います。サーマクールは、肌にハリを与え、しわ・たるみの改善を行います。サーマクールは、照射ポイントの調整が可能なので、年齢や肌質に合わせた施術が可能なのです。

老化現象によって、たるみが大きくなることは悲しい事実です。肌の新陳代謝が落ちると、新しいコラーゲンが多く詰められた皮膚が生成されなくなります。そうすれば、皮膚にはハリがなくなってきます。しかし、脂肪はそのままで筋肉もハリがなくなってくるため、う重力には逆らえないと言うことです。

サーマクールは、こうしたたるみを1回の施術でも効果が実感できる電気の治療法なのです。他のレーザー治療では満足できなかった人や、手術は出来るだけ受けたくないという人には、とても適した治療法といえるでしょう。

フォトRFは、シミ・しわ・にきび・にきび跡・毛穴・くすみ・たるみ・赤ら顔など、多数の悩みに効果のある夢のような美肌治療です。

口コミでも人気のフォトRFレーザーは、レーザーとは異なるIPL(光治療)とRF(高周波エネルギー)の両方の良さを取り入れ、今までにない美肌治療ができるようになりました。これまでの従来の光治療に比べフォトRFは、表皮とお肌の奥深くである真皮までエネルギーを、安全に浸透させる事ができます。

光エネルギーが、皮膚のシミやくすみに、高周波エネルギーがしわやたるみに効果を発揮しするのです。その結果、「美白」と「美肌」の両方に手に入れることができるというわけです。

従来は、シミやしわの治療としては光治療機器が一般的でした。でも光は表皮には働きかけますが、皮膚の深いところにまでエネルギーが届かなかったのです。その為これまでは、治療効果に限界がありました。しかし、フォトRFの登場により、理想の美肌治療方法が確立できたわけです。

フォトRFは、高周波が真皮層へ熱エネルギーを届けるので、真皮層が活性化され、コラーゲンやエラスチンの生産を促進します。そして、弾力再生によって、肌にハリがでるという嬉しい効果があります。その後小ジワやたるみ、毛穴の引き締めなどに繋がるので、お肌そのものを若がえらせる効果があるのです。

フラクセルの人気は、口コミを中心にじわじわと広がっているようです。フラクセルとは、皮膚の様々な症状の為開発された新しいレーザー治療です。

アメリカ発のフラクセルは、ニキビ痕や、シワやくすみ、しみなどの悩みに効果があります。今までの治療法と違うのは、フラクセルは皮膚そのものを取り替えて生まれ変わらせるということです。これまでは、しみなどのポイントを治療するのが一般的な治療方法であったため、フラクセルはとても画期的な治療法と言えるでしょう。

フラクセルのレーザー照射は、1平方センチあたりに2000本という極細のレーザーが皮膚に照射されるものです。フラクセルのレーザービームの1本1本が、皮膚の弱った部分を剥がし落として、新しい皮膚に再生することを促すのです。

美容の世界でもフラクセルは、絶賛されているようです。今までの治療では、治療した箇所が回復するまでの時間が長かったり、副作用の心配があったり、しばらく化粧品が使えないという問題があったのです。しかし、フラクセルは、何回かの施術で少しずつ皮膚を入れ替える為、施術後すぐにメイクをすることも可能だというから驚きです。フラクセルは、今までなかなか良い方法がなかった妊娠腺や傷痕などの治療にも応用することができるため、ますます期待が持たれています。

フラクセルは実際に治療した人が少なく、情報が少ないのが現状です。そこでフラクセルの簡易的な性質を持った、ミニタイプのフラクセルから試してみてはいかがでしょうか?このフラクセルだと、実際の治療より使いやすく、エネルギーはフラクセルより高めです。また、お肌に穴を開けるレーザーの数は少なくなっていて、施術後のほてりも短時間で収まるようです。

カーボメッドの効果は、非常に画期的なものがあります。カーボメッドとは、動脈硬化やリウマチ治療のための炭酸ガス療法を、コンピューター制御でできるように改良された医療痩身機を言います。

カーボメッドは、人には無害な炭酸ガスを痩せたい部分の皮下脂肪に注入するのです。すると、血液から酸素がたくさん放出され、新陳代謝が活発になるのです。その結果脂肪の分解・燃焼が促進され、部分的な脂肪燃焼を効果的に行うことができます。

カーボメッドの炭酸ガスを注入する針は、点滴の針よりもさらに細い針です。その為、傷みや腫れもなくその日から普段どおりの生活ができます。しかしどうしてもメスを使ったものとなると、不安を感じる人も多いですよね。ですがカーボメッドは、メスを使わない、患部を切ることのない安全な脂肪除去法として人気が高いのです。

カーボメッドに適しているのは、腹部やお尻・二の腕・太ももなどです。自分のど痩せたい部分の脂肪を分解して燃焼させることができます。そのままを維持したいと言う部分は、もちろん保つことができるのです。

カーボメッドは妊娠線の解消にも効果的ってしってましたか?皮膚細胞の代謝を活発するので、老化防止にも良いんです。また、動脈硬化、皮膚潰瘍にも効果があるというから、驚きのカーボメッドですね。

エンダモロジーの効果は、最近口コミでも知られるようになって来ました。エンダモロジーは、まず直接脂肪層に働きかけるマッサージ効果でセルライトをほぐしていきます。

エンダモロジーは、リンパや血液の循環を改善するので、代謝機能がUPします。その為、落ちにくいと言われているセルライトさえも解消することができるのです。その結果、肌にハリが出て美肌なる効果がエンダモロジーにはあるのです。また太りにくくて、リバウンドしにくい体質へ改善できると言う嬉しい効果もあると言います。

エンダモロジーの方法は、事前に身体を温めたり、専用のスーツを着用したりして行います。効果的なのは、水分を充分補給しながら行うことです。いた気持ちいいという位が適切で、もみほぐしながら吸引を行います。

このようにエンダモロジーの最大の効果は、何と言っても「引き締め」効果でしょう。エンダモロジーによるもみほぐしマッサージによって、身体全体のリンパや血液の流れがスムーズになるため、全身の代謝機能が促進されます。セルライト改善・美肌効果があるのもこのためです。さらには、冷え性やむくみの改善にも効果的という優れものです。

今では色々なメディカルダイエット法がありますね。エンダモロシーは、それら一緒に行うことで、より効果的だといわれています。また、セルライト脂肪の予防対策として、エンダモロジーボディトリートメントは効果的な方法な為、美容外科等ではよく用いられています。 一度付いたらなかなか落ちない恐ろしいセルライト。付いてからのことを考えたら、予防としてエンダモロシーを使用するのも、一つかもしれませんね。

メソセラピー特に、脂肪溶解注射としての利用で効果があげられると、注目を集めています。メソセラピーは主に、ヨーロッパで行われてきた注射療法のことをいいます。ビタミンや植物エキスなどを患部に直接注射して病気を治すのです。

メソセラピーはこれまで、一部の医師だけが扱う民間療法というイメージがありました。しかし、最近では利用する医師の数も増え、医療における一つの選択肢と位置づけされているようです。

メソセラピーの治療は、 痩せたい部分に薬を注射することで局所的な脂肪の融解を促し、血中から腸管を経て体の外に排出するというものです。これまで脂肪除去治療と言えば、脂肪吸引術がメインでした。脂肪吸引術は、皮下脂肪を吸引機で直接吸い出す治療です。その為、出血や腫れなど体への負担が大きく、術後の回復にも時間がかかるという、リスクの高い治療だったのです。

それに比べてメソセラピーの脂肪溶解注射は、メスを使うことがないので副作用の心配がありません。術後の回復時間も短く、より気軽に受けられる身近な治療と言えるでしょう。メソセラピーの施術時間は、約10分程度ととても短時間なのも魅力です。アレルギー反応テストも必要がなく、検査のために通院することも不要です。

何より、メソセラピーは余分な皮下脂肪を取り除く治療なので、リバウンドの心配がないのです。そして、直接脂肪に浸透するため、肌の表面も凸凹になりません。また、気になるセルライトも目立たなくな、リンパの流れや血行を改善することができる女性に嬉しいメソセラピー治療です。

脂肪溶解注射は、肪吸引など従来の痩身法に比べ身体への負担が少ない新しい痩身法であると言うことが、口コミで広がっています。費用もリーズナブルな脂肪溶解注射は、脂肪溶解剤を脂肪組織に注入することで、脂肪を分解・溶解させます。欧米では既に美容医療として承認され、肥満治療として使用されています。

脂肪溶解注射は、気になる部分だけを局所的に痩せさせるのに最適な方法です。脂肪溶解剤が、脂肪細胞の膜に働きかけて膜を分解します。そのうちに細胞核も分解されるのです。そして分解された細胞は、リンパと血液中に吸収されます。このうち、リンパに吸収されたものは汗や水分として排出されます。血液中に吸収されたものは、便や尿となって体外に出て行くわけです。

脂肪溶解注射によって壊れた脂肪細胞は、再生することはありません。その為、リバウンドの心配は少ないと言われています。部分痩せやセルライトの撃退に是非利用してみたいものです。脂肪溶解注射の術後の回復は、個人差があり0~3日ほどと言われています。これは、脂肪吸引治療の一ヶ月ほどかかる回復日数と比べれば、本当に短い期間だということがわかるでしょう。

ちなみに、脂肪溶解注射に使われている薬の主成分は、レシチンと呼ばれるものです。これは日ごろ私たちが食べている、納豆や豆腐などに含まれているのものと同じものです。ここでも安心・安全さが伺えますね。

脂肪注入で、豊胸にあこがれていた女性が、羨ましいほどの美しいバストを手に入れてるようです。脂肪注入法は、バストを形成している素材である脂肪を利用する為、触った感じも硬さはなく、レントゲンにも写ることはないのです。脂肪注入法は、大学病院でも行なわれている安全な治療方法なのです。

脂肪注入法へのよくある質問に、胸に脂肪を注入するとしこりになるのではないかというものがあります。そのリスクを避ける為に、脂肪注入の際にはほんの少しずつ脂肪を胸に注入していくという方法がとられています。そうすることで、仕上がりがとても自然な感じになるようです。

また脂肪注入法は、本人の脂肪を胸に利用するので、術後の違和感や身体への負担は少なく、異物による後遺症もありません。局所麻酔をおこなうため、術後はすぐに帰宅することもできるのです。

他にも、メスを使わないため痕が残ることがほとんどなく、局部麻酔による手術のため、身体への負担が最小限に抑えられます。そして抜糸が不要なため、定期的な通院やマッサージは基本的に必要ないのです。

脂肪注入法は、何より自分の余分な脂肪を取り、バストに注入するという所が、一石二鳥な治療法とも言えそうです。従来の豊胸手術よりも、自然なやわらかさや形のよい胸を手に入れることができるので、誰もが憧れる美しいバストラインを自慢してみたくなりますね。

にきび跡治療は、にっくきにきび跡をキレイに消ために、化粧品や様々な治し方やケアの方法があります。 にきび跡はどうしてできてしまうのか?それは、毛穴の中に皮脂が詰まり、その皮脂を餌ににきび菌が繁殖して、化膿してしまうためなのです。そのにきび跡を改善してキレイな肌になるためには、まず凸凹を内側からうめる為の成分が必要になってきます。

にきび跡を治療する為には、表皮のにきび跡に対して新しい皮膚細胞を作る必要があります。ダメージをうけた肌の、再生が開始されるのを補助することが大切になのです。スキンケアを通して、表皮の一番奥の層の機能を回復させることができれば、にきび跡の凸凹をゆっくりですが改善することができます。

また真皮に受けたにきびケアに必要な美容成分は、コラーゲン・エラスチンという美容成分です。これは、肌へのハリや弾力・若々しい肌を保つ為にかかせないものです。コラーゲンとエラスチンは加齢にともない減少していくので、生成を促すようにしてあげましょう。にきび跡には、真皮のダメージケアをしながら行うことで、表皮のにきび跡も治療することにつながります。

クリニックなどでのにきび跡治療としては、フラッシュライトで、赤みと凹凸の改善するフォトフェイシャルや、 肌の新陳代謝を高め、滑らかな肌を促すケミカルピーリングなどがあります。また、にきび跡治療には他にも、体の内側から体内バランスの調整きる美容注射。毛穴を小さくし凸凹を改善するエストロゲン外用療法 や、お肌本来の自然治癒力を引き出すメディカルエステなど、様々な治療法があるようです。

キレーション療法治療は、アンチエイジングにはうってつけの治療法といえるでしょう。クリニックでも、キレーション療法治療を行う所が増えてきています。キレーション治療とは、キレート結合を促進する薬剤を使って、人の体に不要な有害金属を、体の外へと排泄するのを促す治療です。

またキレーションとは、キレート剤を点滴することで、体の中に溜まった有害重金属の他にも、活性酸素や動脈壁に溜まったカルシウムなどを体外へと排出します。医療機関で行なわれている安全な治療です。キレーションは基本的には点滴ですが、キレート剤の種類によっては、点滴ではなく経口剤で治療する場合もあります。

体の中に有害重金属が溜まると、やせにくい、疲れやすい、めまい、冷え性、ストレス、不眠、肩こりなどが起こります。また加齢に伴う皮膚のタルミ・シワ・シミ、記憶力低下、高血圧、神経障害、免疫力低下、関節炎といった症状が起こるのです。ですから体内の有害重金属をキレーション治療で排出すれば、これらの症状改善が期待できるというわけです。

キレーション治療はまた抗酸化作用により、細胞の老化防止や動脈硬化の改善、脳梗塞の予防、心臓疾患などの様々な病気に有効な治療方法として注目されています。他にもキレーション治療は強い抗酸化作用があるため、老化の原因である活性酸素の働きを抑えることができます。

アンチエイジング関連ニュース